公園イメージ

概要

この観光案内版の情報を簡単のまとめてみますと、航空発祥の地と三富開拓地が歴史的な見所のようです。航空発祥というのは、1911年(明治44年)所沢に飛行場が作られたそうです。その飛行場跡を公園として利用しているのでしょうか。三富開拓地というのはお茶畑のことのようです。1694年元禄7年に川越城主の命により、土地が整然と地割りされていて開拓されたそうです。その境目にお茶の木が植えられて、それが狭山茶の始まりだということです。狭山茶って狭山市のお茶かと思ったら、所沢だったんでしょうかね。しかも川越城主の命によりという複雑なバックグラウンドなんですね。歴史的以外の見所もあるようですよ。東川という川には桜並木があるそうで、3キロも続いているそうです。桜の季節はさぞかしにぎわうことでしょう。ぜひ、見てみたいものですね。公園内にも桜の木のイラストが描かれているので、きっとお花見もできるのでしょう。公園内にはテニスコートや野球場、運動場などのスポーツ施設があるとなっています。ものすごく広そうですね。さらに、私立図書館や記念館、文化センターなどの文化的施設もあるって、いったいどれだけ広いのでしょうか。市役所や税務署、警察署なども公園の並びに建設されていて、ここにくれば、全部用が済んでしまうのではと思うくらいの便利さです。とにかく、公園内に入って行きましょう。